★思いを伝える文章は名文に勝る! 渾身の告白に心を揺さぶられた!!

山田塾思いを伝えるアイキャッチ
Pocket

■魂の文章にまさる名文はない

「文章」「思いを伝える」の2語で検索するとノウハウがズラリと並びます。
どれも「無意味」とは言いませんが、読んで理解しても何も変わりません。
即席で文章をうまく見せるコツや方法をつかむ、掴んだところでどうなんでしょう。
あなたが何を伝えたいかが肝要なのです(身も蓋もない言い方ですが)。

 

ここまで読んでもらった人にはもうお分かりでしょう?
「思いを伝える」ために達意の文章はまったく必要ではありません。
すらすら読める上手な文章より、
つかえながらも懸命に思いを届けようとする文章の方が重いし、響きます。
その文章は誰も再現できません。
1回こっきり、魂の文章にまさる文章はないのです。

 

まるで「書く技術」を否定するような言い方で申し訳ないですが、
あまりに(どの分野でも)ノウハウが幅を利かせすぎています。
書く技術は、書く人にしか必要ではありません。
日ごろ文章を書かない人は、技術を学ぶより前に、まず書くこと。
書かなければならない事情を自分に課して、無理にも書いてください。

 

下手でもいいです。書けば必ずうまくなっていくものだから。
あなたが伝えたいことは何ですか? 誰に伝えたいですか?
それさえはっきりしていれば、文章はできたも同然です。
書こうと思って心に浮かんだことを何でも紙に書いてください。
断片でも構わないし、脈絡がなくてもかまわない。
もうこれ以上浮かばなくなったら、不要な文章を消しましょう。

 

たった一言しか思い浮かばないのなら、それでもいいです。
紙に書いて、相手に渡しましょう(もちろんはがきでも手紙でもOK)。
書いて届けたあなたは、劇的に変わります。
そうして「文章」に興味を持つようになったら、「文章講座」を開いてください。
これから折に触れ、あなたのお役に立つヒントを書いていきます。

ジャーナリスト石川秀樹電本館あるじ)>

 

 【思いを伝える文章講座】

★お客様を鷲づかみにした礼状、 それは”名文”ではなかった!!

★日本語は主語を省け!① 99%が知らない簡潔な文章のコツ

★日本語は主語を省け!② 無意識にあなたも実践しているはずだ

★添削論・人の文章を直すということ――「書き手」を活かしてこそだ!

★「思いを伝える文章講座」のための一文 「書く」という実践を強くおすすめ!

 

Pocket