★日本語は主語を省け!① 99%が知らない簡潔な文章のコツ

日本語は主語は省け
Pocket

 

えっ?! と思われたかもしれないが、本当だ。

 

■人生を変えた社会部長の一言

「イシカワぁー、日本語は主語を省くんだよ!
数ある文章読本にもまして参考になったのは、この社会部長の一言だ。
記者見習い時代、短い催し記事がうまく書けなかった。
5W1Hを書くだけのことなのに、もたもた切れが悪い。
(※5W1H=who誰が、what何を、whenいつ、whereどこで、whyなぜ、howどうした)

 

原稿をひったくられて、もらったのがこの一言。
次々に削られて、70行あった記事が25行になった。
「誰々がとか、○○は、なんて新聞に使うんじゃねぇ!」
「(主語を)書かなければ通じない文章なんて落第だ!」
「主語はゼ・ッ・タ・イに書くな!!」

 

慣れないと、主語なしの文章は不安定で仕方がない。
つい「誰々は」と入れたくなる。入れないためには一文を短くし、
一段落にあれこれの要素を持ち込まない。

 

きのう書いた《★「思いを伝える文章講座」のための一文 実践を強くおすすめ!
読んでくれた人はいるだろうか。
宿題を出した、「60行のこの記事で主語はいくつあるか?」
答は1つだ。
お終いの方で「僕がこれを書くただ一つの理由は」と書いた、この一文だけ。
書かなくても意味は通じるのだが、強調するために「あえて」入れた。

 

お気づきだと思うが、ここまで私は英語で「I(アイ)」に相当する主語を1つも使っていない。
もとい、いま1つ入れたんだね(あえて、だ!)。

 

日本語は主語を省け

日本語は主語を省ける、ではなく「主語は省け」だ。主語を省かなければうまい文章にはならない(この手帳の写真も、全部写せばダサくなる)

 

元々日本語は「主語のない言語だ」という説がある。
それが明治以降、外国に追いつき追い越せとばかり仏・独・英語を習った結果、
「私が」や「私は」が表に出てきたのだと。
だとすると「省略しろ」ではなく”本来の日本語らしく使え”ということになるが・・・・。

 

言語学者ではないのでその点、はっきりはいえない。
しかしFacebookで投稿したり、ブログを書く場合に、
実際問題として、”大先輩”に叩き込まれた「主語は書くな」が役立っている。

>2ページに続く↓↓↓

Pocket

ads by google