★お客様を鷲づかみにした礼状、それは”名文”ではなかった!!

思いを込めた一文
Pocket

 

思いを伝える文章」について考える第2弾です。
きょうは「礼状」について。

 

■型破りの礼状の添削を頼まれた

はじめて面談して直後に礼状を出す、というのを習慣にしている人がいます。
いつもはがきを持っていて、間髪入れず帰りの車中でしたためる・・・・。
素晴らしい習慣だなぁ、と思う。実行している人はさすがに少ないですが。
少ないからこそ価値があるんでしょう。
メールでもいいですが、あえて直筆で、という人には頭が下がります。

 

そんな習慣を身につけようと真剣なUさんからある日、Facebookメッセージが届きました。
「新規にわが社を訪問くださった人に礼状を書いたので添削してほしい」ということでした。
Uさんは社会保険労務士をめざしている”二代目”さんです。
以下が文面です。便せんに3枚ですから礼状としてはやや長めでしょうか。

 

読んでみると、なるほど手紙文としては少々型破り、文章もうまいとは言えません。
しかし「思いを伝える文章」としては十分に合格点をあげられると思いました。
まず原文をじっくりとお読みください。(下線、黒丸数字と  は私が挿入)
「合格点」をあげたい理由がわかってもらえるとうれしいです。

 

■文章が長いため主語が少し混乱

◇Uさんの礼状(原文)

謹啓
 晩秋の候、貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 本日は、ご多用中にもかかわらず、当社にお越しいただき誠にありがとうございました。また、代表(父)との日程調整がなかなかできず、早期での希望がかなわず、大変ご迷惑をお掛けしました。
 

 さて、この度の来社にあたり、有力な情報提供が出来たのでしょうか?職業柄日ごろから、お客様の求めている情報以上の情報を提示するように心がけているのですが、まだまだ勉強不足で読み取る能力に欠けております。会長様、社長様の真意に十分にお答えできずに、貴重な時間を割いていただき、誠に申し訳ありませんでした。

 現在、建設業におきましては、まだまだ社会保険加入の徹底に力を入れているのが現状で、いまだ福利厚生費の支給に対して本腰を入れておりません。➊今まで社会保険加入済みの会社は、見積もりまたは契約書の中で、経費の中に福利厚生費をあらかた計上していましたので、今更別途福利厚生費計上することに違和感を持っている元請業者が多い様です。❷元々は経費の中で福利厚生費を計上していましたが、社会保険未加入の下請業者の洗い出し、また加入の徹底化を図る目的のため、別途計上することとなりました。しかしながら、実際に福利厚生費を計上しなければならず、その計算方法は、労務費から算出し計上するか、請負金から労務比率を乗じ労務費を算出する必要があります。労務比率とは、労災の保険料を算出する際に、請負金額から各業種ごとに算出された割合で、建築事業(鉄骨鉄筋建築事業)においては、現在二十一%とされています。計算式等は別途添付いたします。

 ➍また、お話に上がった労災事故についてですが、先日お会いした時にも話させていただきましたが、申請については事実を報告しなければ、最終的にお客様にご迷惑をお掛けしてしまうので、事実を曲げて書類を作成することはございません。しかしながら、やはりさじ加減というものがあるのも事実です。私共は、お客様に出来るかぎり有利になるように書類を作成、または助言をさせていただいています。実例をあげることは出来ませんが、お力添えできると確信しております。

 ➎先日、社長様と聖蹴会のゴルフコンペで初めてお会いし、先輩後輩の関係で、お目にかけていただき、本日貴重なお時間をいただき、限られた時間でしたが、懇談させていただきました。今後も会社同士の付き合いでなくとも、聖光サッカー部の先輩、後輩の縁としてお付き合いさせていただければ幸いです。
寒さもますます厳しくなってまいりますので、くれぐれも健康に留意されご活躍されますようお祈り申し上げます。
まずは取り急ぎ御礼まで申し上げます。
                                                                謹白
   平成二十六年十一月七日
                                  社会保険労務士法人 〓〓〓〓〓〓〓

 

便せん

あなたは礼状を書いていますか? いろいろ文章をひねるより、時機を置かず思いを伝えた方がよいようです

 

いかがですか、「思い」があふれている文章でしょう?
ただし、こなれた文章ではありません。それに一部、礼状の形式が崩れています。
もたもたした感じがあるのは一文が長いためです。また長い人によくある欠点で、主語・述語がきちんと対応していない、という問題も出てきがちです。
この点を修正してリライトしてみました。

<2ページに続く⇒⇒⇒

Pocket

ads by google