「静岡おまちバル」電本を創った! ジモト大好きな人、集合

おまちバル電本
Pocket

「おまちバル」って、ご存じだろうか?
飲食店をハシゴする地域活性化イベント。
静岡の人なら「聞いたことがある」人が多いかもしれない。
2012年に「静岡おまちバル」が開催され、今年は6回目。
回を追うごとに参加者が増えているからだ。

 

電本「静岡おまちバル」の表紙

電子出版・自費出版の「電本館」が協賛してつくった「静岡おまちバル」の公式電本

 

「おまちバル」は男女の出会いを目的とする「街コン」とは違う。
みんなで飲み歩いてジモトを再発見しようよ! と、軽いノリだ。
だから「独身男女限定」なんて野暮なことはいわない。
参加は自由、前売り3500円(当日4000円)でよりどり5軒をハシゴする。

 

さて、「電本館」はローカル大好き、ジモトをこよなく愛する出版社だ。
それで地域活性に全面協力することにした。
実は静岡県立大学の学生諸君も手弁当でバルのスタッフに参加している。
大いに刺激された、何か協力したい。
で、もっとも得意な電本で”まるごと”バルを紹介することにした。

 

「静岡おまちバル」公式電本、無料!!

↑ここをクリックすればゲットできます。

 

今回のバル、静岡市内繁華街の100店以上が参加する。
呉服町、浅間、七間町、常盤町、両替町、鷹匠、伝馬町・・・・
江戸をほうふつさせる由緒正しい町名が飲みごころを誘う。
電本では全店を一挙に紹介する。

 

 

電本「静岡おまちバル」の見開きページ

電本「静岡おまちバル」の見開きページ。バルに参加の静岡市内の全飲食店を紹介している

 

取材は県立大の学生さんら7人が協力してくれた。
14店は2ページ見開きの特別編集でお届け、
他の店もあまさず網羅し、各店を紹介しているサイトへリンクも張った。
もちろん地図付き。
スマホに電本をゲットしてもらえば夜の街歩きに役立つはずだ。

 

地方都市の現状は寂しい。
そんな中で例外的に(超例外で)静岡市にはにぎわいがある。
こういう街をたいせつにしたい。
東京や大都市だけが”おまち”ではない。

 

バル2

 

そんな空気を若者たちも感じている。
だから頼まれもしないのに馳せ参じてくれた。
そういう心意気、だいじにしたい。
静岡の例は他の地方の皆さんにもきっと役に立つ。

 

バル3

 

おまちバルは5月31日(土)、たった1日で終わる。
しかし、各店はジモトでこれからも連日あかりを灯し続ける。
この電本をぜひ道案内に使ってほしい。
124ページの力作だ。
地方に生きる出版社のささやかな志、感じていただけたらうれしい。

 

街に灯を!「静岡おまちバル」(公式電本、無料)

Pocket

ads by google