★遺言書いても不安なら無料添削します! 『らくらく遺言』出版を記念して特典

Pocket

 

このポスターは『らくらく遺言』が刷り上がりと同時に制作した。


ミーツ出版は覚悟をもって、このポスターを世に出すことにする。

『らくらく遺言』のポスター

 

■800円の本に破格とも言えるサービス

注目いただきたいのはポスター左中段の文言。
「遺言を書いたら無料で添削(てんさく)しますヨ!」
コレである。
手間暇を考えると正気の沙汰ではない。
税込みわずか800円の本にそんなサービスとは・・・・・。

 

しかし著者の佐々木悠次さんと相談して、即決した。
”読者”に向けての直接的なサービスである。

希望者には、書いた遺言が通用するよう助言を行う。
このために佐々木氏が主宰する静岡県遺言書協会が協力する。

 

遺言を書きたい人は少なからずいる。
これは『らくらく遺言』を出版した実感だ。
発売から1ヶ月近く、今もこの本を探してくれる人がいる。
まちの本屋さんから問い合わせが入る。
この本は静岡県内の80余の書店さんに配本した。
それでも届けきれない店が何店かある。
「お客さんがほしがっている」と、そういう店からの電話だ。

 

■直筆で遺言を書いても残る不安とは

9月3日から地元「静岡新聞」夕刊家庭面で著者の連載が始まった。
「直筆遺言」をテーマに遺言書を書くことをおすすめする。
問い合わせが増えている、うれしい手ごたえだ。
でも最近、少し心配になって来た。
『この本を読んで本当に遺言を書いてくれるのだろうか』

 

書いたとしても、自信が持てないんじゃないか・・・・。
自筆の遺言書は家庭裁判所で検認を受けなければならない。
遺言書の形状,加除訂正の状態,日付,署名など検認の日現在における
遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続だ。

検認により遺言書はれっきとした法的な文書となる。
いくつかの要件がそろっていないと認められない。

 

要件とは
①全文が自筆
②署名があること
③遺言を書いた日付
④ハンコ
であり、本来はそれほど難しい話ではない。

 

遺言の内容に踏み込んで、文言の効力を問うわけではないので
表現の巧拙をあまり気にする必要はない。
しかし「判ればいい」のであっても「判る」の範囲はあいまい。
なんて考え始めると、心配になるのが人情というものであろう。

 

何しろ、書いているのはしろうとである。
弁護士に相談すれば必ず「公正証書を」とすすめられる。
ネットで検索しても、そういう空気は色濃い。
そんなこんなで、遺言を書いた本人にしてみると
「この遺言書で本当に通用するのか」と気になるに違いない。
裁判所で無効にされたら、元も子もなくなってしまう・・・・

 

こうした読者側の不安が手に取るようにわかる。
私も行政書士の端くれなので、お客さんの不安は想像がつく。
今になって『出版しっぱなしで、それでいいのか?』と思いはじめた。

>2ページに続く↓↓↓

Pocket

ads by google